カウンタ
Top| 掲示板入り口| 行った!観た!聴いた!| Cocco辞典| Coccoに繋がる人やモノ| 花とCocco| 書籍/雑誌| テレビ&ラジオ&ライブ他| 新聞広告&テレビCM| 投票| ビデオクリップ| nanaco| 作曲者&編曲者別検索| 演奏者別検索| 収録楽器別検索| CoccoNewsカレンダー| リンク
2004年9月2日宜野湾市海浜公園屋外劇場で行われた 20th Anniversary エフエム沖縄 Birthday live(2日目)にCoccoちゃんが、シークレットゲストとしてトリで出演したときのレポートです。
エフエム沖縄 バースデイライブ 9/2 [2004/09/02] written by みき

ただいま帰ってきました!バースディーライブ! あっちゃん歌いました・・・!HYが終了して、司会の人と川満しぇんしぇいと信ち ゃんがでてきました。そこで2人が「もうみんな分かってるでしょ?じゃあみんなで 呼ぼうねえ・・・」で4千人の会場みんなで「こっこーー!!」の大声援♪その声援 の中ではにかみながらCoccoは出てきました。肩と背中の開いた真っ赤なきれいな ワンピースを着けて・・・。

今日はあっちゃんいわく「寄せ集め」のバンドと言うことで沖縄のミュージシャン 5人の方がサポートをしていました。1曲目は「強く儚い者たち」 さすがに有名 な曲だけあって4千人みんなで大合唱!!間奏のところでは観客の沖縄独特の 指笛が鳴り響き拍手で声援。あっちゃんはしきりに顔をこすっていました。 2曲目は「セレストブルー」 会場で配られたピンクの蛍光の棒が暗闇でいっぱい 光っていてとってもキレイでした。

3曲目は初めて聞いた曲だったので、新曲だと思います!テンポのいい曲で、みん な楽しそうに体を揺らしてました。

・・でMC。沖縄で歌うことはできないと思っていた。拒絶されたらどうしようと いうことばかり考えて。「デビューした時は、沖縄出身ってよお、みんな歌って踊 れてみたいなかんじだったから紹介すらされんかったばーよ(笑)」でもこんなに 好きなんだからどう思われても愛してるっていうしかない!と。「あっちゃん 初 めて沖縄のイベントに呼んでもらいました(笑)FM沖縄もよお、(歌手を)辞め てから呼んでからにぃ(笑)」確かにっ(笑)あっちゃんのMCの間、観客全員の あったかい声援と笑いと笑顔に包まれ、すごく楽しそうでした。きっと県外の人た ちからすれば独特の喋り方に聞こえるかもしれませんが、沖縄ではあの喋り方は普 通なんですよ(笑)観客から本名の「さとこー!」って呼ばれたときはさすがに照 れて「呼ぶな〜バカ(笑)」って言ってました。

そして「最後はよお、みんなで歌うって!」ということであっちゃんが今日の出演 アーティスト1組1組を名前を呼び上げてステージに招きいれました。揃ったところ で「みんなマイクはどこにあるば?(笑)」あっちゃんしきりなんてそうそう見れ ませんよね(笑)マイクが無事セッティングされたところで、みんなで「Heaven's hell」の大合唱!!ステージ横の空には少し欠けたお月様がぽっかり浮かんで。ア ーティストのみなさんも手には鈴をつけて楽しそうに歌ってました。歌い終わって あっちゃんは「ありがとー!沖縄愛してるよーっ!」って叫んで笑顔で去って行き ました。沖縄で、あの暖かい雰囲気の中で歌うことができて、あっちゃんはとても 幸せだったんじゃないでしょうか。観客みんなの笑顔もとても素敵でした。

・・・と興奮して一気に書いてしまい、間違ってるトコもあると思いますが、また 細かい部分はラジオを聴き直してご報告しますね♪あ〜今夜は眠れないかも・・ ありがとうっ!あっちゃん!!

(みき 2004年9月2日午後11時26分)

エフエム沖縄 バースデイライブ 9/2 [2004/09/02] written by ジャンボ

いやいや。。今夜のCoccoは凄すぎました! 出ることは知ってましたが、アコギ一 本で歌うのかと。そんな期待を裏切り。フルバンドですよ♪フルバンド!寄せ集 めのバンドって言ってましたが、音が凄かったです。2曲めの「セレストブルー」 は曲調がCDで聞くのと違って、アレンジがカッコよかったです!おそるべしCocco!!  今夜は楽しく歌ってました。近いうち、ライブツアーをやるのでは!と思える 出来でした。この感動を伝えたく。。書き込みました! ありがとう!あっちゃん!

 ☆ライブの内容は、上でみきさんが書いた通りでした。

(ジャンボ 2004年9月3日午前1時31分)

エフエム沖縄 バースデイライブ 9/2 [2004/09/02] written by くにぼー

ロム男だった私ですが興奮冷めやらぬ故書込いたします。 Coccoのあの鼻をぐずる仕草、左手を小刻みに動かす仕草 そして歌い終わった後のバレー式のおじぎ、沖縄で見れるとは 夢にも思ってませんでした。サポートメンバーの演奏はジャンボ さんも書いているようになかなかでした。品のいい爆音、コード 進行、私もアコギのみだと思っていたので感慨もひとしおです。 ギターはたしかjima○○のサポートもやる佐藤さんかと、あとは COCCOだけしか見てなかったので知ってる人は教えてください。 眠れそうにないので仕事してます。

見た方の書込を見るにつけ感動がよみがえります。ではでは

(くにぼー 2004年9月3日午前2時43分)

エフエム沖縄 バースデイライブ 9/2 [2004/09/02] written by ろっぴ

私もライブ行きました。HYの演奏が他の人よりちょっと長めだったし、2日目の若 いバンドの中では一番売れているので「これが最後だな」と思いました。

続々帰る人がいたんです。でも、ステージ上は青いライトがつきっぱなしだったの で「あれ〜?何かまだバンドがあるの〜?」と思っていたらセッティングが始まっ たんです。

そしてみきさんが書いてある通り、Coccoゆかりの(?)川満シェンシェーと信ちゃ んが腰にゴミ袋を下げてショートコント風の登場。

あれあれあれ?まさか、まさか?しかもステージはバンドのセッティングが始まっ ちゃってますけど?で、Coccoが登場!マジで興奮しました。すごい!FM沖縄! オレンジレンジとHYをそろえるのもすごいのに、こんなにビッグなサプライズ! 3曲目はどうやら新曲でしたね。「うのはなづ〜き〜よ〜」ってサビで歌ってました が、それが曲名?う〜ん、分かりません。エンディングでアーティストが勢ぞろい したのは感動しまくりだったな〜。レンジ、HY、D51と沖縄の人気者が勢ぞろい だもんね〜。

いや〜、すごい一夜でした。

(ろっぴ 2004年9月4日午前12時42分)

エフエム沖縄 バースデイライブ 9/2 [2004/09/02] written by れんこん

ライブに行くことだけで動いたんで宿泊や交通手段も適当でした

しかしいって良かったです ホント。

HYのラスト曲を狙って前に行き運良くはける女子学生のあとに入り最前列げっと★ 始まる前から嬉しい出来事があり泣いてたんであっちゃん出てきたときは洪水でし た 今はこうやってカキコしてますがライブのあとしばらくふわふわしてました 少し彼女と接触したんですがそれよりあっちゃんの歌が聴けたことが幸せでした FMの人もこっこちゃんいいよねーって言ってましたレポは他で詳しく出てるんで語 りませんが今の「強く儚い者たち」は優しく眩しかったです 他の曲も眩しくて涙 で目の前を見えなくなるのが嫌なくらい眩しくて。痛みより何よりあっちゃんが嘘 をつかないで歩いているようで嬉しかったです ガーネット聴きたかったなぁ・・・ 今は原画展を毎日行ってますが花とか飾りつけもあっちゃん頑張ったみたいなんで 行く人はそっちにも眼をやってほしいな、と あとTシャツ、CDは売り切れ 額のや つもそろそろなくなるみたいです

嗚呼もうあっちゃん大好きだー(ライブでも叫んでしまった)

(2004年9月4日午後2時49分)

エフエム沖縄 バースデイライブ 9/2 [2004/09/02] written by スン

こんにちは。

遅ればせながら9/2のライブの感想です。 みなさんがんばって前の方の席をGETしたようですね。 私らはなんとまあ、予約していた飛行機に乗り遅れてしまい、 2本後の便に振り替えがきいたものの、大幅に予定が狂って半泣き★ 到着後読谷村のホテルに慌ててチェックイン。 そして宜野湾まで折り返すという慌しさで(^^;) その間にもカーラジオでライブの様子に聞き耳を立て、 まだ歌ってないよね?ないよね?とドギマギ。 ようやく会場に着いたのは夕日がキレイな7時前。 もちろん会場は満員で、後ろから数えた方が早い位置にやっとこおさまりました。

初めて生で見るこっこちゃんは、とてもしなやかな印象。 ノースリーブのワンピースが本当に良く似合う人だなあと感心♪そして感涙。 ステージに出てきた時には遠目にも照れて緊張してる様子が伺えましたが、 歌い始めるとその声の伸びの良さ!存在感!左手で取るリズムの激しさ!しなやかさ! こんなに綺麗な声で強く時に柔らかく歌うなんて...スゴイ! 強く儚い者たちを聞きながら、数年前に初めてCMで聞いた時に感じた 『なんて綺麗な声で気持ち良さそうに歌う人なんだろう!』 というカンジを思い出しました。(この頃は爽やかな内容の歌だと思ってた。) そして手に持っていたハンカチサイズのタオルは汗と涙でぐっしょりに。 2曲目・3曲目と歌っていく内にもどんどん声の伸び・声量が良くなっていくのがわかりました。 周りの観客もそれまでに出演した他のアーティストの時のような ノリノリなのとはまた違った感じで惹き付けられていたようで、 ペンライトやうちわを振る手もだんだん少なくなり、(後ろからはよく見えた) ステージに釘付けとなっているようでした。

最後のheaven's hell前、他の出演者さんの名前を迎呼んでいるとき、 ステージがだんだんと狭くなっていくのを心配して、 もうちょっとつめたほうが良くない?と仕切るこっこ。 みんな大丈夫?なんて声かけたり、人柄の良さやかわいさに爆笑。 そしてheaven's hell、最高でした。4曲の内で一番良かった気がします。 他の出演者さん達のコーラスをバックに(なんて贅沢)フェイクフェイク! 去年の大作戦の時よりも長かったんじゃないでしょうか。 こっこ自身もライブを心から楽しんでいるのがわかりました。 遠くて細かい表情や動きなんかは見えなかったけど、 沢山たくさん伝わってきました。 ものすごい存在感・貫禄で、実際は華奢らしいのに大きく見えました。 完全にアーティストとしてのこっこでした。 やっぱり歌が大好きなんだろうな。

終演後、いつもなら勇気が出なくてもじもじしながら拾えずにいるゴミ、 あの歌を聴いたあとじゃ見過ごせないな、と、拾って帰りました。

以上、みなさんが書き込んでくれている内容ははしょっての感想でした。

今の彼女の気持ち・今の歌が聞けてよかった。

(スン 2004年9月6日午後2時54分)